ふさわしい

2019.1.1(2)
よろしくお願いします

 またもや再放送の「陸王」の最終回を観てしまった。

 やはり最終回にふさわしいのは、人の心に訴えるものがあり、見る人を感動させることが重要なことに再認識させられた。


 ところで、箱根駅伝も青学の5連覇は阻止された。青学の選手には申し訳ないが、とても見ごたえのある素晴らしい勝負だった。

 全国民が感動したのではないだろうか。
 
 日々苦しい練習をしてきても上手く走れなかった選手もいるだろうが、それも駅伝の面白さかもしれない。

 当方らが学生時代は上下関係の厳しい時代だった。だからタスキを後輩から先輩に渡すときに手で背中を押すなど、こんな素晴らしい光景は考えもしなかった。

 でも、数年に一度当方が1年の時の4年生までが集まる同窓会を開いている。その時だけは昔話で盛り上がるものだ。(パチンコで負けてしごかれたことも)

 今日のドラマでも言っていたが、痛みを受けたものは、与えた者よりもはるかに鮮明に覚えているものだ。

前の記事